転職活動を行う方々は、基本的にはどこかの会社を退職する事になります。もしくは退職済みの方々も見られるのですが、面接ではそれを質問されると考えて良いでしょう。

たいてい理由を質問される

まず転職活動では、基本的にはどこかの会社で面接を受けます。もちろんその際には、人事担当の方との口頭でのやり取りが生じる訳です。そして面談での質問内容は、ある程度決まっています。

転職希望者の場合は、原則として退職に関わる事柄はまず間違いなく質問されると考えて良いでしょう。それもシンプルな言い回しで質問されます。

採用率に関わる退職理由

例えば履歴書に対して、過去にA社とB社という所で勤めていた事実が記載されているとします。その2つの会社を退職し、C社への転職を望む方々も見られる訳です。その際には、C社ではA社とB社を辞めた理由を聞かれると考えて良いでしょう。

なぜその会社を辞めたのですか等と、シンプルな表現で質問される事になるのです。もちろんそれに対する回答内容は、採用率に大きく関わってきます。

同じ理由で辞めないかが心配

このような質問をする意図は、色々と考えられます。まず最も多いのが、同じ理由で辞められるか否かです。

そもそもC社で採用されたからといって、またずっと勤められ続けるかは不明です。もしかするとC社でも、また退職になるかもしれません。A社を辞めた時と同じ理由で、C社でも退職になるのかなと心配な人事担当の方も見られる訳です。

それを敢えて面接で確認している訳ですね。

純粋に気になったので質問する

また、それほど深い意図が無いケースもあります。以前にどこかの会社を退職したのならば、なぜそこを辞めたのかがシンプルに気になる事もある訳です。

特に深い意味合いはなく、その会社を辞めた理由が純粋に気になる人事担当の方々も見られます。

なぜ辞めるつもりかも質問される

同じ事は、まだ退職をしていない方々にも言えます。現在どこかの会社で勤めながら、転職先をお探しの方々も見られるでしょう。その場合も、やはり退職理由を質問される事になります。

どのような理由で現在お勤めの会社を辞めるつもりなのですか等と質問されるケースが目立ちます。それも理由は色々と考えられます。

正直に答えるよう心がける

これらの質問に対しては、基本的には正直に答えるのが重要です。嘘を付いてしまうと、減点要素になりかねません。というのも人事担当の方々は、今までに非常に多くの転職希望者の方々と接しています。

嘘などは、簡単に発覚してしまうのですね。マイナス要素になる可能性が大なので、退職理由は正直に回答するのが望ましいです。

ネガティブな印象にならないよう注意

そしてどのような理由でも、担当の方に対してネガティブなイメージを与えないよう、くれぐれも要注意です。総合的に悪いイメージを与えてしまいますと、最終的には不採用になる確率も高まるからです。

何らかのネガティブな退職理由があっても、結論はポジティブになるよう上手くまとめるべきでしょう。ですので言い回しなども工夫が必要です。

面接前に整理をしておく

これらをまとめると、

・面接では退職の理由を質問される
・質問の意図は色々
・正直な回答が望ましい
・結論はポジティブにまとめる

のような点が言えます。結局のところ、退職をした理由を自分なりに整理しておく事が肝心です。頭で整理したら、最後はポジティブな言い回しになるよう下準備をしておけば、採用率なども高まるでしょう。

退職理由で伝えていいこと、伝えないほうがよいこと分類 … – ランスタッド