中国景気の減速や株価の変動が報じられていますが、中国が日本にとって有力なビジネスパートナーであることは変わっていません。中国語が出来れば新しいビジネスチャンスにつながることも多く、転職の際にもアピールしやすいのがポイントです。

転職には武器を持って!!|転職後力|転職サイト[PROSEEK]

インバウンド関係では特に求められている

中国語のスキルを特に生かしやすいのが観光などのインバウンド関係です。中国からの観光客は多く、顧客が掴めるかが大きなポイントになります。外部の人間を雇っても費用が掛かり過ぎる場合も多く、中国語のスキルは特に中小企業にとって貴重な人材になっています。

大手企業の中でもインバウンド専門の部署や戦略をとっている場合も多く、有利に働きます。語学スキルを活かした知識だけでなく、中国文化に対しての造詣や、国民性についての情報に詳しいとさらにプラスになり、留学や頻繁な海外旅行、商品の買い付けなどのビジネスに関わった経験があればさらにプラスになります。

国際化の戦略に生かしやすい

インバウンド以外にもビジネスの輸出や、商品の販売でも中国語スキルは生きてきます。中国語専門のWebサイトや問い合わせ窓口があるだけでも一気にビジネスの幅が広がるのです。国をまたいだビジネスは法的なすり合わせが必要になる場合が多く、安易な設立は出来ないものの、前準備として人材が欲しい企業は多くあります。

また、問い合わせの件数など、反響を得られるだけでもビジネスを繋げるきっかけにもなります。中国に出回る商品のリサーチ業務など語学スキルを活かせる仕事も多いため、商品の品質やサービスの質に自信があり、海外展開を視野に入れている会社でも喜ばれるのです。

実は一般的な窓口に中国語で問い合わせが入ることも

実は中国語は一般的な問い合わせ窓口でも役に立つ場合があります。これは中国から日本へ移住する人が数多くいるからです。日本語が出来る人もいますが、中国人のためのコミュニティで生活しているため日本語が全くできない人も存在し、問い合わせをしても話せる人がおらず、困ってしまうケースもあるのです。

対応する側も料金関係などの説明で困ってしまうことも多く、話を聞けるだけでもプラスになります。中国語が話せると資格手当がつくケースなどもあるので、視野として入れるのも方法です。

転職で生かしやすい中国語

転職で中国語を活かしやすい理由は3つ挙げられます。

・インバウンド需要で積極的な採用を期待できる
・技術やサービスの輸出に必要な人材である
・国内の中国人と話せるかがサービスのポイント

中国は巨大な市場であり、日本の重大なビジネスパートナーでもあります。観光客も多いことからインバウンド需要を取り込めるかは重要で、人材が不足している企業も多いのです。

また、輸出や中国市場の事前調査にも必須のスキルであり、国際展開を考えている企業にも大切な人材といえます。日本国内においても中国人は多く、すべての人が日本語を話せるとは限らないため、一般的な問い合わせ業務などでも役に立つことが多いのです。